TOP     お肉について
ご利用ガイド ログイン/新規登録





鹿児島生まれの確かな品質。

                           

「六白黒豚」のルーツは、鹿児島県畜産試験場で系統造成された「かごしま黒豚」。
絶滅の危機だった「かごしま黒豚」は、関係者の努力と情熱で甦りました。
この品質に優れた「かごしま黒豚」を、こだわりの餌で育てたものだけが「六白黒豚」を名乗ることができます。
トンテキ元気で使用しているのは、すべてこの「六白黒豚」です。 「六白黒豚」のおいしさを、安心して味わってもらうために。 トンテキ元気は、今日も元気に おいしい黒豚をお届けしています。








手をかけ、目をかけ、
声をかける。

                           

一般の豚が一度に約12頭出産するのに対し「六白黒豚」は約8頭。 出荷体重の114kgに達するのも一般の豚の半年に比べ約8ヶ月と長く、 手間も時間もかかります。だからこそ一頭一頭に手をかけ、 体調に目をかけ、よく育てと声をかけ、大切に育てています。

肉の味は濃く、脂はほんのり甘くさっぱり。

                           

「六白黒豚」は出荷約60日前からの飼料にさつまいもを10〜20%加えています。
それにより脂がべとつかずさっぱりとした味わいに。
さらに酸化を防ぐ緑茶粉末を加え肉質をジューシーにし、 小麦で白く光沢のある美しい脂に仕上げます。

「六白黒豚」おいしさの特長。

                           

・筋繊維が細かく食感がやわらか
・くさみがなくアクが出にくい
・アミノ酸を多く含み甘みがある
・光沢と弾力に富む
・保水性が高く、よく締まっている











新しいものと古いもの。
人情の街浅草

                           

浅草はシンボルである浅草寺・雷門から始まり、「浅草花やしき」や「浅草演芸ホール」など、現在でも変わらない下町の雰囲気と人情を感じさせてくれます。川を渡れば634mの高さを誇る新しい東京のシンボルとして人気のスカイツリーもあり、変わっていくものと変わらないもの、その両方の良さを肌で感じる街です。
人と人との繋がりを大切にし、美味しく楽しい時間を共有できる。
私たちトンテキ元気はそんな空間を作り、この街とともに息づいています。

鹿児島から浅草へ。
浅草から世界へ。

                           

トンテキ元気の全てのメニューに使われている「六白黒豚」。
それはまさに店主と鹿児島の「南州農場」との繋がり。
この黒豚に感動し、この美味しさをもっと多くの人に知ってもらいたい!この繋がりを広げていきたい!という思いで、トンテキ元気をオープンしました。
鹿児島から浅草へ。そしてゆくゆくは、繋がりと美味しさを、世界へ。
笑顔とともにトンテキファミリーの輪は広がっていきます。







Gallery

                           

トンテキファミリーの普段の様子や楽しい時間を、
少しだけおすそ分け。




















①ロース
赤身と脂身の割合がちょうどよく、キメ細かい 柔らかな肉質が特徴です。ロースハムなどの 加工品やトンカツ等多くに使用されます。

②肩
赤身の中に脂肪が網目状に 広がっているため、コクのある 濃厚な味が特徴です。
トンテキ元気の看板メニュー 黒トンテキはこちらの部位を使用

③うで
肉質は若干固く、繊維が入り組んで いますが味はもっとも良い部位です。 当店ハンバーグはうで肉をメインに、 もも肉・肩ロース肉を独自の配合で 挽き肉にして調理しています。

④バラ
赤身と脂肪が3層になった3枚肉。 厚めも脂身の甘味が特徴の六白黒豚、 しゃぶしゃぶやちゃんこ鍋でお楽しみ ください。

⑤ヒレ
豚肉の部位の中で一番キメ細かく 柔らかく、あっさりとした味が 特徴です。一頭から取れる量が 少なく、最高級部位と呼ばれます。

⑥もも
尻の周囲の部位で、脂身が少なく 赤身が中心で、高タンパク・ 低脂肪のあっさりとした味わいが 特徴です。ビタミンB1も多く 含まれています。ローストポークや チャーシューにオススメ!

⑦豚足
ゼラチン質がたっぷりで、肌に良い コラーゲンを豊富に含んでいます。 長時間煮込むととても柔らかく なります。